クラビットでクラミジア退治
ホーム>クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシンの効果

クラリスロマイシン

クラリスロマイシンの特徴

クラリスロマイシンは、抗菌作用が強く、さまざまな細菌に有効なため子どもから大人まで幅広く処方される抗生物質です。クラリシッドも製薬会社が違いますが、同じ成分の薬になります。風邪をはじめ、気管支炎、副鼻腔炎、膀胱炎、ヘリコバクターピロリ菌の除菌などの多くの症状に処方されます。

クラリスロマイシンは、マクロライド系抗生物質に分類され、病原細菌のたんぱく質を抑え抗菌します。錠剤とドライシロップの2種類があり、症状や年齢などにより使い分けられています。基本的に1日に2回服用します。もし服用に際し何かある場合には医師の指導を守って服用して下さい。副作用が少ない薬ですが、胃腸の症状、吐き気や胃痛・胃の不快感などが起こることがあります。

クラミジアへの作用

医者

クラリスロマイシンも国内で広く使われているクラミジア治療薬です。クラビットよりも効力が弱いため、殺菌としての効力は低くなりますがその分、細菌の抑制効果が高いのでクラミジア・トラコマティスのタンパク質合成を阻害する=繁殖を抑制するのです。クラリスロマイシンでクラミジアを治療する場合は200mgを2週間服用します。上記にある服用方法を守って治療を行いましょう。

効力が弱いため子供に対してもよく使われています(その際は呼吸器の感染症や中耳炎など)。そのためドライシロップがよく使われているため、副作用がとても低いということが分かります。もちろん成人の場合は錠剤が主ですので、ドライシロップの処方はまず無いと思ってもいいでしょう。錠剤を服用するのがちょっと苦手な方はそれを我慢して服用を行って下さい。

ちなみにクラリスロマイシンは成分名です。国内で流通している商品として有名なのが大正製薬から販売されているクラリス錠と、クラリシッドというものがあります。海外でももちろんクラリスロマイシンは販売されており、ジェネリックも豊富です。通販サイトではクラリスロマイシンのジェネリックも購入でき、処方される場合よりも安く手に入れることが可能になっています。