クラビットでクラミジア退治
ホーム>性器ヘルペスについて

性器ヘルペスについて

隠す女性

再発の恐れが非常に高い性病

性器ヘルペスは、クラミジア淋病と並ぶくらい感染者の人数がとても多い性病です。感染ルートは、性行為によって感染することがほとんどであり、その原因の単純ヘルペスウイルスが、性器や陰部の周りに赤い発疹を発症させ、時間とともに水ぶくれになり、破れてただれ、かゆみや痛みが起こります。

単純ヘルペスウイルスは、他にも口唇ヘルペスという口の周りに出来る似たような症状を起こします。種類は、単純ヘルペス1型と性器ヘルペスなど性器を中心に発症する単純ヘルペス2型と2つあります。感染ルートの実情も明らかにされており、オーラルセックスが大きく関わります。女性が感染しているウイルスが舌や唇を介して男性の性器へと移す場合が多いとされますが逆の状況もあります

外陰部の皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの皮膚の機能が低い方のほうが健康的な方よりもヘルペスウイルスに感染する恐れが高く、ヘルペスだけでなく他の性病に関してクラミジアや淋菌、梅毒などに感染する危険性があります。単純ヘルペスは感染したあと、すぐに症状は発症せず、過度の疲れ、ストレス、生理の前、病気にかかった際など身体の免疫力が低下したときに活発化します。

性器ヘルペスの一番怖い点は、適切な治療を施してもヘルペスウイルスを完全に死滅させることが出来ないため再発を繰り返します。男性、女性ともに1年以内に再発する確率は非常に高く約80%といわれています。ちなみに初めて感染した際に起こす症状の方が、再発したときに比べて重いようです。

潜伏期間と発症した際の症状

隠す男性

女性の場合、感染してから2日~10日ほど身体の中に潜伏して、陰部の周りや子宮頚管、膀胱に至る部位に水ぶくれやただれが発症する恐れがあります。発熱や強い痛みが起こります。重度のときは、排尿することが困難になったり、歩くこともままならなくなるなど支障が出ます。再発時の症状は、初めて発症したときよりも軽度でありく、再発の兆候もあります。太ももなどに神経痛に似た痛みや陰部がむずむずする不快感が起こり、その後性器、陰部、太ももに発疹やただれが出ます。再発の頻度は個人によって差があります。

男性が初めて発症する場合、陰部や口の周りから感染して2日~10日ほど身体の中に潜伏し、亀頭や陰茎を中心に小さな水ぶくれが数多くでき、水ぶくれとなり、破れてかゆみや痛みが起こります。症状が激しい時期は、発症から約1週間程度のときで、太もものリンパ節が腫れ上がったり、尿道から膿が出るときもあります。再発は女性の再発と同様に症状は軽度です。