クラビットでクラミジア退治
ホーム>淋病について

淋病について

悲しむ女性

クラミジアについで多い性病です

淋病は、淋菌という細菌によって発症する性病です。日本でも感染者が多く、10代~30代と広く若年層から中高年層にまで見られます。女性よりも男性のほうが感染した人数は多く、男性が感染した場合自覚症状は比較的分かりやすいといいますが、女性の場合には症状に気づくことが少ないです。

主に男性は尿道、女性は子宮頸管に感染します。オーラルセックスが原因で喉に感染する場合や同性愛者などは直腸、眼に感染する場合もあります。性行為を介して粘膜の接触によって拡大します。感染力は約30%と高く、同時にクラミジアにも感染してしまうことも多いです。一時は治療薬の開発などで減少しましたが、1990年ごろから感染する人数が増加しています。

淋病に感染した際に起こること

悩む女性

健康であっても感染します。感染すると早い方で数時間、遅くても数日中には症状が発症します。女性が感染した場合、症状がゆっくりと進行することが多く全く自覚症状がないこともあります。症状が発症した場合、排尿のときに激痛があったり、おりものが増えたり、生理以外の出血があったりします。淋病の特徴的な症状とはいえないので、他の病気と間違えてしまいます。

男性が感染した場合、感染してあと2日~5日ほどしてから発症しますが、症状が全く出ない方もいます。個人に差がありますが、症状が起こるまでに感染したあと30日以上要した方もいます。症状が発症した場合、排尿のときに激痛があったり、尿道から白色・黄色・緑色の膿のような分泌物が出たり、睾丸が腫れて痛みがあったりなどが起こります。

男性も女性も共通した症状は、のどや直腸に感染した場合、痛みやかゆみ、出血が出ます。ただし全く症状がない方もいます。1度感染してしまうと、いくら適切な治療を行って完治しても、再発を繰り返しますのでその点と向き合う必要があります。女性の場合感染してから出産をすると子どもへ移してしまう可能性もありますので注意が必要です。