クラビットでクラミジア退治
ホーム>性病検査キットを有効活用

性病検査キットを有効活用

検査道具

性病の検査は現在病院に行かなくても自宅で出来る方法があります。通院する時間がない方、誰とも顔を合わせずに検査できます。病院でなければ不安に思うかも知れませんが、検査キットを使えば簡単に性病かどうか分かります。検査キットによっては、直接指定の検査所へ郵送するものもありますが、プライバシーが守られていますので安心して下さい。いくつか種類があるのでご紹介します。

血液採取

血の検査

血液採取は、エイズ・梅毒・B型・C型肝炎に良く用いられています。ほとんどの血液採取は、専用の器具を使い、簡単な操作で血液を付属のろ紙に浸み込ませて使います。衛生的に優れており針は2度使用はできないようになっています。使い方は、指先に器具の針を刺し、ひじから指先に向かって血液を採ります。

膣分泌液採取

膣分泌液採取は、クラミジア淋病、カンジダ、トリコモナスが調べられます。女性専用の検査キットとなり、付属の綿棒を膣に3cm~4cmほど挿入し、回して分泌液を取ります。清潔な手で綿棒に触れ生理などの出血があるときには控えるよう言われています。

尿検査

検査容器

尿検査は、男性専用の検査であり、淋病、クラミジア、トリコモナスが調べられます。朝起きたとき、紙コップに尿を取り、スポイトで指定のラインまで尿を入れます。

陰茎擦過物検査

陰茎擦過物検査も男性専用の検査でカンジダが調べられます。手を洗い、付属の綿棒で陰茎全体をぬぐい、皮膚の重なる部分や冠状溝を中心に行います。

咽頭検査

ウッドスティック

咽頭検査は、喉にまつわる淋病、クラミジアが調べられます。一般的には朝起きたあと朝食の前に行います。うがいをしてコップの中にそのまま入れ、うがいした液をスポイトで取ります。

性病の検査は、手軽にでき、事前に行うことで性病にかからないようにする抑止力にもなり、場合によっては性病の治療にも役立ったりもします。血液検査は痛みもなく、特に難しくもないので、男性も女性も気軽に行えます。ぜひお試しください。性病検査キットは医薬品の通販サイトで購入できます。