クラビットでクラミジア退治
ホーム>様々な性病の紹介

様々な性病の紹介

コンドームを開ける男性

性病は、何かいつもと違う違和感や不快感があるといった兆候が出ます。そのときに正しい知識が必要になり、迅速に対処しなければなりません。性病によってはそれぞれどんな症状があってどんな対処をするべきか。病院に通う必要があるなのか?などを知っておくと非常に心強いと感じます。

様々な性病に共通する潜伏期間とは、身体の中に入り込みその病原体が増えて拡大したときに症状を発症する期間です。性病の危険な点は、この潜伏する際に検査を行ってもきちんと反応がでないことも多いので注意です。そんな性病の代表格の症状を簡単にご紹介します。

性病の種類・潜伏期間・治療薬

困った様子の男性

■クラミジア

潜伏期間:1週間~4週間
治療薬:クラビットジスロマッククラリスロマイシン
症状:排尿のときの痛み、尿道のかゆみ、睾丸の腫れ、尿道から分泌物、だるさ、発熱など、自覚症状がない場合もある

■淋病 

潜伏期間:3日~7日
治療薬:ジスロマック・アモキシリン
症状:排尿のときの痛み、尿道から分泌物、尿道のかゆみや違和感、睾丸の腫れ、発熱や全身の痛みが起こる

■梅毒

潜伏期間:3週間~13週間
治療薬:アモキシリン・アンピシリン
症状:感染して3週間~1ヵ月経過後に感染部分にしこりができ、全身や手足に赤い発疹ができ1ヵ月ほど続きます。

■性器ヘルペス

潜伏期間:1週間~2週間
治療薬:バルトレックス・ゾビラックス
症状:亀頭や陰茎、太もも、陰部の周りなどに赤い発疹や水ぶくれ、ただれ、かゆみが起こる。

■トリコモナス

潜伏期間:1週間~6ヶ月
治療薬:ファシジン・フラジール
症状:ほとんどが自覚症状がなく、まれに排尿のときに痛み、射精のときに痛み、尿道から分泌物

■尿道炎

潜伏期間:1日~10日
治療薬:抗生物質
症状:排尿のときの痛み、頻尿、尿意が切迫する、膿などの分泌物が出る

■亀頭包皮炎

潜伏期間:1日~10日
治療薬:ステロイド入りの塗り薬
症状:亀頭や包皮が赤くなり痛みやかゆみがある

■尖圭コンジローマ

潜伏期間:3週間~1年
治療薬:アルダラクリーム
症状:亀頭や肛門の周りに痛みやかゆみがないイボができる

■HIV(エイズ) 

潜伏期間:数年
治療薬:なし
症状:初期の症状は高熱がでる可能性が高く、リンパ節が腫れたり発疹ができたり、風邪と似たような症状がでます。